M&I

陶器修理・美術工芸品・家具の修理修復業者なら「株式会社M&I」


キーワード無しの関連情報

該当する記事がありませんでした。
※テキストはWikipedia より引用しています。

【全国のご依頼お引き受け】陶器修理、美術工芸品修理、家具修理、扉のキズやフローリング床の補修なら「株式会社M&I」にお任せ下さい。壊れてしまった大切なお品(リヤドロ陶器・マイセン磁器・各種キャラクター人形・博多人形・和箪笥・額縁)を真心を込めて綺麗に再生いたします。

祖父の代から大事にしている、少し贅沢して購入した等の陶器製品が壊れてしまい、どうすれば良いか分からないという人もいるのではないでしょうか。そんな時に頼りになるのが陶器修理業者ですが、依頼するのが初めてで、どんな所を選べば良いか分からないという人も多いと聞きます。そういった際にまず見るべきポイントが、その業者の陶器修理方法です。こうした業者が一般的に用いる手法に、金継ぎという技術があります。割れてしまった部分等に、漆を塗り接着し、その部分に金を施す修理方法になります。良い業者を選ぶ際には、まずこの金継ぎが出来る事が大前提で、出来ればそれ以外の修理方法にも対応している所を選ぶのが良いでしょう。良い業者を選ぶための2つ目のポイントが、これまでの陶器修理実績を確認するという事です。自分の修理してもらいたい陶器と同じ例があれば、仕上がりの大まかなイメージがつきやすいという利点があります。また、そうした写真は、その業者がどのような環境で陶器修理を行っているかという事の確認も出来るため、信頼できる業者かどうかの判別にも利用出来るでしょう。料金体系が明確に示されているかどうかも、大事なチェックポイントです。陶器修理は初めてだという場合はもちろん、以前に修理してもらった品目以外の修理をしてもらいたいという時に参考になります。出来るならば、その業者に電話するなり、問い合わせフォームを利用したりしてより自分の陶器の破損具合を伝え、詳細な料金の概算を見積もってもらいましょう。修理にどれくらいの期間がかかるのかというのも、業者の比較ポイントになります。早い所が必ず良いという訳ではありませんが、通常は2か月修理にかかる事が多いので、それを基準にして業者を比較しましょう。最後に、その業者を利用した人の声を確認しましょう。公式サイト等で書かれていることが本当かという事は、実際使った人でなければ分かりません。自分の例と同じ様な状況のものを参考にするとなお良いでしょう。
<関連情報:陶器修理