特注看板.com

特注看板.com |


看板の関連情報

看板(かんばん)とは、宣伝、広告等のために使われる、木、プラスチック、金属(ステンレスなど)等、ある程度耐久性のあるものを材質とした、通常は板状の物体。近年では低コスト・高耐久性のあるアルミ複合板が広く使用されている。 主に屋外に使用されるものを指すことが多いが、広義では室名札やディスプレイ用のパネルなど屋内で使用されるものも看板と見なす。英語では sign(サイン)と言い表され、「標識」「目印」といった意味合いを持つことから、宣伝、広告の意味以外にも、見るものに対し、何らかの情報を伝えるための表示物と捉える場合もある。
※テキストはWikipedia より引用しています。

道路や橋は、時々本格的なメンテナンスをしなければなりません。大きなトラブルを予防するためにも、常日頃からの点検とお手入れが必要です。特に市民生活に支える大きな道路や橋ほど、メンテナンスの重要性は高くなります。見た目は頑丈そうに見える道路や橋も、経年劣化が進んでいるケースは少なくありません。特に一昔前に建てられた物は細かい部分で老朽化が進んでいる可能性があります。道路工事や橋のメンテナンス工事を、専門会社のスタッフが定期的に行っているおかげでユーザーは安心して生活出来ます。マイカーを運転しない場合でも、道路や橋のインフラの恩恵は受けています。例えば、ネットショッピングをした場合、依頼した品物は遠くからトラックで運ばれます。そのトラックは近所の道路や橋を走行するため、通勤や買物でマイカーを一切運転しないユーザーもまた知らず知らずのうちに道路の恩恵を受けています。道路工事や橋のメンテナンス工事をする際、現場でよく見かける物と言えば工事看板です。工事作業に関する色々な情報が、工事看板には明記されています。生活に必要な道路や橋のメンテナンスとはいえ、一体いつまで通行止めになるか、分からないと近隣住民としては不安です。工事看板をチェックすれば、いつから作業が始まり、いつ位に工事が終わるか調べられます。同じ道路工事や橋の点検でも、掛かる時間はケースバイケースです。遠くから見たら一日中通行止めに見える場合でも、工事看板を確認したら、特定の時間帯だけ通行禁止になるだけで、それ以外の時間帯は普通に通れるかもしれません。素人目には長時間掛かりそうに見えるメンテナンス作業も、工事看板をしっかりと確認したら当日中に終わる、という場合があるかもしれません。大規模な点検やお手入れの場合は長期間、道路や橋が通行止めになりますが工事看板をチェックしたら、いわゆる別ルートの案内が記載されている事があります。多少不便ですが、別ルートを使えば問題なく目的地にたどり着きやすいので、近くで大規模な工事が始まった時は工事看板を要チェックです。
<関連情報:工事看板